成功体験を積みたい。

ピアノを習い始めて1年が過ぎた。

大人ピアノ2年生。

小学生の時にソナチネをかじるくらいでやめてしまっているので、初心者に毛が生えたくらいの状態で45年ぶりに再開しての1年。

いろんなピアノブログを読んでいると思うことは、せめて中学時代も続けていたら、もうひといきレベルがアップしていただろうになあということ。

その3年間の積み重ねがあるかないかでは大違いだと思う。

私のピアノはまだ“子供のピアノ”のままなのだ。
まあ、そんなことを言っていても仕方がないし、他人と比べるのではなく、自分の過去と比べて少しでも進歩があれば良しとしなくてはね。

それでこの1年、ずっと気になっていることがある。

私、間違えずに弾くことができないのだ。

先生の前で間違えないで弾けたのはスケールだけ。笑

家での練習だって間違えるのだから、先生の前で弾けるわけがない。

間違えずに弾ける気がしないもん。

でもさ、これじゃダメじゃん?

いろいろネットの記事を読んでいたら、「成功体験」を積み重ねていくのが良いらしい。

よし、超簡単な短い曲から徐々に弾いてみよう。

楽譜はどれにしようかなあ。

家にあるのはギロック、ブルグミュラー、プレインヴェンションだけど。

ツェルニー100番もあるけど、あまり楽しそうではないわね。笑

とりあえず、買ったまま放置していた楽譜たちなので、少し弾いてみてきめよう。

これでも無理なら、もっと簡単な楽譜を手に入れなきゃだね。

 

© 2023 ドレミファ・バッハ