ドレミファ・バッハ

いつの日か、ゴルトベルク変奏曲を弾きたい.....

自分を見直した件。

低FODMAP食に挑戦して早6週間目に入った。
最初の3週間が完全低FODMAP食、その後1週間ごとに原因の食材を単品で試していくという実験?で、今週は乳製品を代表してヨーグルトを摂取している。

私は以前から、ダイエットで痩せられる人と禁煙できる人をとても尊敬していた。
だって、大好きなものや習慣をやめて持続させるって、並大抵の努力じゃあできないし、私には全く無理だろうなあと思っていたからだ。
まあ、やせっぽちだし、元々タバコは吸ったこともないので、そういう局面に立たされることはないから想像するだけだったんだけど。

ところが、ひょんなことからダイエットすることになった私。
「ダイエット」って本来「食餌療法」って意味なんだよね。
私の場合痩せることが目標ではなく、腸内環境を改善するためのダイエット。
低 FODMAP食生活は、今までの私の好んで食べていたものをほとんど否定されたような食生活だった。
トーストに野菜ジュース、はちみつ入りヨーグルトが定番だった朝食は、全てNG。
朝、何食べる?ってところからスタート。
料理は好きではないので、朝から何か作ることはしたくない。
お茶漬け、卵かけご飯、おにぎり…と食べてみたけど、飽きた。
何十年も続いているトースト生活は飽きた試しがないのに。
晩ごはんも困った。
使えない食材がたくさんあって、中でも困ったのは、『玉ねぎ(ネギ類)』が使えないこと。
いろんなメニューに入っているんだよね〜。
私のお助けメニューだったカレーもこの6週間作っていない。
チャーハンも、親子丼も、肉じゃがも、ハンバーグも、玉ねぎがなくちゃ、ねえ。
しかし、一番応えたのは『小麦』。
パンもうどんもスパゲティもケーキもNGよ!
食レジで仕事しながら、お客さんのカゴの中に新商品の美味しそうな菓子パンとか見つけると、今までなら、帰りに買って帰ろう♪って感じだったけど、今は、「うまそうだな〜、でも、食べられないもんな〜」の連続で悲しい。

しかし、こんな生活すぐにや〜めた!ってなってしまうかと思いきや、案外続いているのには自分で自分を見直したよ!
やるじゃん、自分!って。笑
これなら、痩せるダイエットも禁煙もできるんじゃね?って。(必要ないけど)

そしてもう一つ見直したというか、感謝したいのが、この生活に協力的な夫だ。
夫が休みの日には晩ごはんを作ってくれるのだけど、私の食べられるもので作ってくれる努力をしてくれるのだ。
いやあ、面倒がられると思っていたので、感謝感激雨霰的な感じ。
本当にできた夫である。(私には勿体無い)

低FODMAP生活も、残すところあと2週間と少し。
今のところ特にこれが原因でお腹の調子が悪いとか、はっきりとは出てこない。
ってことは、このまま行くと、元の食生活に完全に戻れるってことかなあ。
でも、お腹の張る率は減ったと思うので、どこかに原因はありそうだけど。

喪?が明けたら、食べたいものがある。
それは、PASCO SPECIAL SELECTIONの新商品『サバラン レモン』だ!
6月の新商品らしいけど、HPには載っていないんだよね、なぜか。
まさか、期間限定販売かしら???
私の喪が開けるまで販売していて〜〜〜!



© 2023 ドレミファ・バッハ